バストアップ バストの大きさは遺伝で決まらない

  • 2013/01/19(土) 07:00:56

 

バストの大きさと言うと「遺伝の影響が大きい」と言われることもあり、女性の中には「親の胸が小さいから、私の胸が小さいのは仕方が無い」と諦めてしまう人も多いと思います。

 

しかし、実はバストの大きさと言うのは必ずしも遺伝で決まるものではないのです。

 

実際、胸が小さい母親から胸が大きい娘が生まれることもありますし、その逆もあります。

 

また、「痩せている・太っている」ということが、バストの大きさを決めてしまうとも言えないのです。

 

胸が大きい人というのは、胸を大きくするための脂肪が多く付いていて、それがとても発達しているのだそうです。

 

こうした胸の仕組みを知っておけば、思春期の「胸が一番大きくなる時期」を過ぎてしまった女性でも、女性ホルモンの分泌を促すことで、バストアップを図ることができるのではないでしょうか。

 

「胸が小さいのは遺伝だし…」と諦める必要はまったくありません。

 

このページを参考に、バストアップを目指してみませんか?。

 

[caption id="attachment_222" align="aligncenter" width="468"]美乳革命 【美乳革命!戸瀬恭子のバストドレナージュ】〜1万2000人が成功!これが本物のバストアップ術〜[/caption] 

>>バストアップ情報の詳細はこちら<<

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する